はてなブログからWordPressに移行しました。旧URLにアクセスした場合、新URLへリダイレクトされます。

完全ワイヤレスイヤホン『Air-tws T8』をレビュー!【Joyhouse】

完全ワイヤレスイヤホン『Air-tws T8』をレビュー!【Joyhouse】

どうも、アリエです。

今回はJoyhouseの完全ワイヤレスイヤホンT8をKyoka様(https://twitter.com/KyokaDirect?s=17)より提供いただきました。

僕自身完全ワイヤレスイヤホンに前々から興味はあったものの、まだ持っていなかったので、これが初めてのワイヤレスイヤホンになりました。

いざ使ってみると想像以上に使いやすく良い商品でしたので、良いところ・悪いところ正直にレビューしていこうと思います!

Air-tws T8

こちらがJoyhouseT8です!

箱はしっかりしていて傷等もありませんでした。

内容品は

・イヤホン本体

・充電ボックス

・microUSBケーブル

・イヤーピース

・ポーチ

・取扱説明書(日本語)

となっています。

梱包もしっかりしていて、商品に傷がついている等はありませんでした。

説明書が日本語で、説明が非常に丁寧で分かりやすいのもうれしいですね。

以下JoyhouseT8の製品スペックです

価格 6280円(定価25580円)
Bluetooth Bluetooth5.0
防水性能 IPX7
バッテリー 本体50mAh ケース3000mAh
重さ 4.2g(片耳)
音楽再生時間 3時間
伝送距離 約20m(障害物無し)

定価が25580円という驚きの高価格!

ただAmazonでは基本的に6280円で売られているようなので、そちらを信じた方がいいですね笑

タイムセール時には5000円を切る価格で売られることもあるみたいです。

イヤホン本体のバッテリーは50mAhで音楽再生時間も3時間なので、特別長いわけではありません。

しかし充電ケースが3000mAhもあり、なんと満充電で42回の充電が可能です!

重さは片耳4.2gと非常に軽く、使っていて重さが気になるようなことはありません。

伝送距離に関して試してみたところ、家の中など遮るものがあるところでは7~10mほどが限界かなぁといった感じです。

音質

やはりイヤホンを使っていて一番気になるのは音質。

このイヤホンT8に関していうと、音質はとてもいいです!

他の高級イヤホンなんかと比べると劣る点はあると思いますが、この価格帯のイヤホンからすれば十分すぎるくらいいい音がなっていると思います。

まぁ音質に関しては素人耳なので…、僕からしてみれば十分良かったと言っておきます。

また、ノイズや遅延、音が途切れることもほとんどなく、安定して使えています。

Amazonレビューを見ていると「音飛びがひどくて使えない」「ペアリングがすぐに切れて使えない」等の評価が一部で見られていたので不安でしたが、実際に使ってみるとそんなことはありませんでした。

ただイヤホンによって個体差があるのかもしれませんね。少なくとも僕に届いたのは当たりの個体だったようです。

※追記

家などの静かな場所で使う分には殆ど音飛びはありません。が、満員電車などに乗ると音飛びが確かに気になります…。人が多いところには弱いかもしれません。

ちなみにCVC8.0ノイズキャンセリングに対応しているそうですが、これは通話中の雑音を除去する規格だそうで、音楽を聴いているときにノイズキャンセリング機能が期待できるものではなさそうです…

ペアリングが簡単

ペアリングが非常に簡単です!

他のBluetoothイヤホンって、結構ペアリングがめんどくさかったりしますよね。

ですがこのイヤホンはそんなことありません。イヤホンを取り出し、スマホの方でT8を選択するだけで初期設定完了です。

また一度接続した機器には、取り出しただけで自動的に接続されます。便利。

片耳モードから両耳モードに変更する際は一度初期化しなければならないのは少し面倒なところかもしれません。

そして、設定時の案内音声がうるさくないというのもこのイヤホンのいい点ですね。

他のBluetoothイヤホンって「接続しました」みたいなことを爆音で言ってきたりしますよね。

このイヤホンは控えめな音量なので不快になることがありません。

タッチ操作できる

このイヤホンは「タッチ操作」ができます!

一回タッチして音楽を一時停止・再生できたり、二回タッチで次の曲へ飛ばせたりします。

完全ワイヤレスイヤホンなのに本体だけでなくイヤホンで操作できるのはとても便利です!

実際操作が慣れるまでは使いにくいですが…(まだ使いこなせてない)

そしてこのタッチ操作がこのイヤホンの欠点だったりします…

左のイヤホンを3回タッチにより勝手に電話をかけてしまったり、音量が誤タッチで勝手に変更されてしまうことがあるようです。

僕はまだそうなったことは無いのですが、レビューを見ているとそういった声が見られました。

確かに音量が変わってしまうのはまだしも、勝手に電話をかけられたらたまりません。ここはかなり大きな問題ですね。スマホ側で操作設定の変更などができればよいのですが。

タッチ操作はメリットでもありデメリットでもあるかもしれません…

充電ボックスがモバイルバッテリーになる

なんとこの充電ボックス、モバイルバッテリーになるのです!!

3000mAhというイヤホンの充電ボックスにしては破格の大容量なのですが、それがモバイルバッテリーとしても使えるのだから驚きです。

イヤホンとモバイルバッテリーが一体化しているという革命的な商品かもしれません笑

モバイルバッテリーを忘れたときも、このイヤホンを持っていればスマホの充電ができるのですからね。(充電ケーブルが無きゃ意味ないけど笑)

そんな機能があるんだから、めちゃくちゃ大きいんじゃないの!?と思う方もいるかもしれません。

試しにiPodTouchと比べてみた画像ですが、心配するほど大きくありません。

確かに他のワイヤレスイヤホンのケースと比べたら若干大きいかもしれませんが、持ち運びに困るような大きさではないので大丈夫です。重さも計ってみたところ、88gしかありませんでした。

モバイルバッテリーを持ち運ぶ手間を省けると考えると一石二鳥ですよね笑

再生時間

再生時間に関しては、もう少し長ければいいなぁという感じです。

実際に使ってみるとほとんど公式情報の通り、3時間強でバッテリー残量が10%の警告が鳴りました。

この時の警告の音が大きくてビビります。急になるし。もう少し控えめにしていただけるとありがたいですね…

通勤通学に使う分にはこれで全く問題ないのですが、長時間使うとなると途中で切れてしまうことになると思います。

耐久性

まだ買ったばかりですので、しばらく使ってみたら追記したいと思います。

まとめ

今回は完全ワイヤレスイヤホン『Air-tws T8』をレビューしてきました。

全体的に見てみると、完成度が高く、かなり良いイヤホンになっていると思います。

ただ価格がが6280円と、他の低価格ワイヤレスイヤホンと比べると同等か、それよりも若干高めに設定されているかなぁと感じました。

6280円という価格を考えても十分満足できる商品になっていると思いましたが、他の方のレビューを見ている限りでは個体差があるかもしれないという点は少し気になるところではあります。

ただ保証期間が12か月と長く、初期不良の場合は商品の交換も可能(購入後十日以内なら送料無料、それ以降は自己負担)のようなので、保証もしっかりしてそうです。なのではずれを引いた場合でも交換してもらえると考えると、安心して購入できるのではないかなと思います。

タイムセール時には5000円以下で購入できるようなので、興味のある方はそのタイミングを狙って購入してみるのはいかがでしょうか。

初めてのワイヤレスイヤホンにはぴったりだと思います。是非参考にしてみて下さいね。