はてなブログからWordPressに移行しました。旧URLにアクセスした場合、新URLへリダイレクトされます。

年末年始が暇な高校生には年賀状の仕分けバイトがおすすめ。働くまでの流れや仕事内容を説明。

年末年始が暇な高校生には年賀状の仕分けバイトがおすすめ。働くまでの流れや仕事内容を説明。

高校生の皆さん、バイトしてますか?

部活などで何かと忙しくてバイトができないっていう人も多いと思います。

しかしバイトしてお小遣い稼ぎがしたい!って思ってる人もいるのでは。

そんな人にお勧めするのが年賀状の仕分けバイト。

年末年始だけの短期なので、これならできるって人も多いはず。

今回はこの年賀状の仕分けバイトについて自分の経験を書いていこうと思います。

働くまでの流れ

まずは働く(採用される)までの流れを大まかに書いていこうと思います。

といっても他のバイトと何ら変わりはありません。

面接

年賀状バイトに申し込むとまず面接会に行く必要があります。

面接といっても気負う必要はありません。非常に簡単な面接です。

主に聞かれることとしては

・志望動機

・出勤可能な日時

・通勤方法

くらいです。他には「~できますか?」や「~ですが大丈夫ですか?」みたいな質問なので「はい」とだけ言っておけば問題ないです。

よほど礼儀がなってなかったりしない限り面接で落とされることは無いでしょう。

あとは出勤できる日数が少ないと落とされる可能性が高くなるかもしれません。

説明会

無事採用されると、説明会に出席する必要があります。

説明会も1~2時間程度の簡単なものです。内容としては

・仕事内容の簡単な説明

・コンプライアンスに関するビデオ視聴

・その他注意事項等

こんな感じです。

結構コンプラのビデオがクスッときたりする(自分だけかな)。

眠いですが頑張って耐えましょう。

はたらきだす

あとはもう出勤日に郵便局に行くだけです。

頑張って働きましょう。

仕事内容

仕事内容に関して簡単に説明します。

まず部署がいくつかあって、基本的には

①集配営業部

②郵便部

の二つです。(年賀状の出張販売はどこに入るんですかね。)

集配営業部の仕事内容は「道順組立」です。

全国から集められてきたその地域あての年賀状を配達する順番に並べる作業です。

逆に郵便部は地域から集まった年賀状を全国の郵便局に送るための作業をします。

僕は集配営業部でやりましたが、仕事内容はとても単純ですぐに慣れます。

心配することはありません。

年賀状バイトは辛い?

あくまで僕個人の意見ですが、NOです。

ただ、ひたすら黙々と年賀状を仕分け続けるという単純作業なので、向き不向きは間違いなくあると思います。

接客が好きな人だったり、人としゃべるのが好きな人だったりすると少しきついかも。

基本的に私語厳禁なので、黙って仕分けるだけですから。(場所によっては話しながらできた、という話も聞いたことがある)

僕みたいなコミュ障にはありがたいお仕事ですよ。最低限の会話だけで成り立ちますからね。

分からないことがあるとき郵便局の人に質問した以外にはほとんどしゃべりませんでしたね…

ですので、年賀状バイトが辛いかどうかはあなたの性格次第です。

単純作業が好きな人、コミュ障な人にはもってこいの仕事であることは言っておきます。

まとめ

今回は年賀状の仕分けバイトについて自分の経験等を書いてきました。

年末年始に帰省する予定もなく、暇だよっていう人にはお勧めです。

確かに人によっては辛いと感じる人もいると思いますが、単純作業なので誰でもできる仕事ではあります。

普段部活で忙しくて長期バイトはできないよ!っていう人も、是非こういう機会を生かしてバイトしてみて下さい。

www.youtube.com